オリジナル治療薬の効果

なぜノースAGAクリニック山形院の治療薬は効くのか?

治療薬の使用は、当クリニックでは「抜け毛の抑制」と「発毛促進」の2種類を使い分けており、両方を活用することによって高い発毛効果が表れます。

「抜け毛の抑制」にはフィナステリドやデュタステリド。「発毛促進」にはミノキシジルを使用します。強みが異なる治療薬を掛け合わせてご提案しています。

AGA治療には一定の期間を必要とします。
時間をかけて治療するわけですから、当クリニックでは、患者様お一人お一人に合わせたより効果の高い治療薬をお提案しています。

水戸市のエースAGAクリニックの薄毛治療薬が効く理由

主な治療薬と効果

デュタステリド

デュタステリドには抜け毛を抑制する効果があります。

AGAは、毛母細胞内で「5α-リダクターゼ」という酵素が働くために引き起こされるものです。
毛母細胞内で「5α-リダクターゼ」が男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変えるため、ヘアサイクルを乱し薄毛・抜け毛に繋がります。
この「5α-リダクターゼ」の働きを阻害し、薄毛・抜け毛になるのを防ぐのがデュタステリドです。

同様の効果がフィナステリドにもありますが、「5α-リダクターゼ」の2型にしか影響しません。一方でデュタステリドは、「5α-リダクターゼ」の1型、2型の両方に効力があります。
そのため、フィナステリドでは効果のない方にも効力を発揮したり、毛髪数・毛髪の太さにおいても、フィナステリドよりも優れています。

   
  フィナステリド デュタステリド
5α-リダクターゼ 1型 効果なし効果あり
5α-リダクターゼ 2型 効果あり効果あり

ミノキシジル

頭皮の発毛環境を整える役割を果たすのがミノキシジルです。長期間使用することで毛髪数が増えたり、髪の毛が太くなる効果を実感できます。

もともとは高血圧治療薬の臨床試験の際に発毛現象が認められたことから、薄毛に対する治療薬としても活用されるようになりました。 日本では厚生労働省の認可を1999年に取得しています。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドライン(「男性型脱毛症診療ガイドライン:2010年版」)で、多種多様な薄毛治療薬や育毛剤を比較して、5段階評価を行っています。
その中でミノキシジルは5段階の評価中「A:強く勧める」と評価され、ミノキシジルだけが男女ともにA評価を得ています。

その他

さらに発毛効果を向上させたり、頭皮に栄養を与えるため、亜鉛や各種ビタミンも処方しています。