女性の薄毛について

女性の薄毛

水戸市で女性の薄毛治療

女性の薄毛の原因は、FAGA(女性男性型脱毛症)、加齢、休止期脱毛症などが挙げられています。
硬い毛の比率が減少し、毛髪の数が減ってきたりして、薄毛の状態が発生します。
薄毛の研究結果として40代を過ぎるとなりやすいというものがありますが、40代以前であってもこうした症状が起こるケースがあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)

女性の場合、男性のAGA(男性型脱毛症)と類似したメカニズムで生じる薄毛のことを、FAGA(女性男性型脱毛症)と言います。
FAGAは、女性ホルモンの分泌が減少することで引き起こりやすくなります。
AGAは、5α-リダクターゼという酵素が影響しヘアサイクルのスパンが短くなることで、毛髪が成長する前に抜けてしまい薄毛になります。FAGAも同じ現象が起こっているとされています。

休止期脱毛症

毛髪には成長期や退行期、休止期などのヘアサイクルがあり、多くの髪が時期を変えながらこのサイクルを繰返します。
しかし、ホルモンバランスが崩れたりすると、髪の毛が生えない休止期の状態が通常よりも長く続いてしまう毛の割合が増加し、休止期脱毛症が生じます。栄養バランスが悪くなっていたり、過度なダイエット、ストレスなどが原因とされています。

加齢

近来の研究では、毛包幹細胞でDNAのダメージが加齢によって蓄積してくると、幹細胞維持に必須である蛋白質の分解が引き起こされ、次第に毛包が小さくなり消失していくことが分かっています。
毛包が小さくなると髪の毛は細くなります。また、毛包幹細胞が加齢によって自己複製しなくなり、失われていくことで、薄毛脱毛が引き起こされると言われています。

ヘアサイクルの乱れが原因

水戸市のAGAクリニックによる女性の薄毛治療に関わるヘアサイクルの解説

女性の薄毛の主な原因は、女性ホルモンの減少などホルモンバランスが崩れたり、加齢によるものが多くなっています。ホルモンバランスの乱れや加齢によって正常なヘアサイクルが乱され、抜け毛や髪の毛が細くなったり成長しないといった症状が生じます。

ホルモンバランスを整える

水戸市で女性の薄毛治療に必要なホルモンバランスを整える

フィナステリドなど男性のAGA治療に用いられる治療薬を、女性は使用することができません。女性の発毛治療は、ミノキシジルで頭皮の血行を促進させたり、プラセンタなどで女性ホルモンのバランスを整えていきます。