自分でできる薄毛予防

AGAや薄毛の原因

水戸市のAGAクリニックがAGAや薄毛の原因を解説

薄毛やAGAの原因として、遺伝以外に、食事の影響、睡眠不足やストレスなどが多いとされています。
遺伝による場合変えることは難しいですが、こういった生活習慣による要因は自分で気をつけていくことで、相応に予防できる可能性があります。
一般的に、普段の生活習慣の中で気をつけた方が良いと言われているポイントをご紹介します。

睡眠不足

水戸市のAGAクリニックが解説する睡眠不足解消による薄毛予防

良質な睡眠を確保することが、髪の毛の成長には必要とされています。髪を成長させるホルモンが睡眠中に分泌されるからです。
22時から2時が毛母細胞の分裂のピークとされており、この時間に睡眠をとる事が予防に有効です。そして、最低でも5時間以上の睡眠が必要と言われています。
このことから、可能であれば就寝は22時から2時の間の一定時間にするよう心がけましょう。

他に、ストレッチや適度な運動で体を動かすことにより、睡眠の質は向上するとされています。また、スマートフォンやパソコンを就寝前に見ると、脳がブルーライトの影響で覚醒してしまい眠れなくなるとされています。就寝前のスマートフォンなどは留意しましょう。

血行と髪の毛の成長

髪の毛の成長にとって、たばこやストレスなどの影響で血流が滞ると良くないと言われています。過度の喫煙を気を付けて、ストレスが溜まらない生活などを心がけましょう。

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防とストレスの関係を解説

ストレス

人間はストレスを受けると血管が収縮します。そのため血流が悪くなり、必要なだけの栄養が行き渡らなくなる事から、髪の毛の成長が阻害されるとされています。

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防とたばこの関係を解説

たばこ

たばこを吸うと、ニコチンの影響で血管が収縮し、ストレス同様、血流が悪くなっていきます。さらに、喫煙でビタミンなどの毛髪の成長に必要な栄養が消費されやすくなるため、毛髪の成長が阻害されるとも言われています。

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防と肩こりの関係を解説

首や肩のこり・長時間の帽子

髪の毛の成長にとって、首や肩がこることで頭への血行が悪くなるのは当然良くありません。また、帽子やヘルメットを長時間被ることも同様の結果を引き起こすとされています。

お酒

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防とお酒の関係を解説

お酒を飲むと、摂取した体内のアルコールを分解するために、ビタミンやアミノ酸を体内で消費してしまいます。そのため、毛髪の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。
また、酵素によって体内のアルコールはアセトアルデヒドに分解され、さらに酢酸に分解されます。

酢酸に分解されると人体にとって無害ですが、アセトアルデヒドは頭痛や動悸、吐き気を引き起こすなど毒性作用があり、さらにヘアサイクルを乱し薄毛の原因となる、ジヒドロテストステロンを増加させると言われています。
ジヒドロテストステロンの増加を抑制し、ヘアサイクルを正常に保つために、過度な飲酒を避けることを心掛けていきいましょう。

食事・栄養素

育毛環境に有効とされる代表的な栄養素は、タンパク質、各種ビタミン、亜鉛などです。髪の毛の素となっているケラチン(タンパク質)の形成を推進することが大切だとされています。

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防とタンパク質の関係を解説

タンパク質

ケラチンというたんぱく質が髪の毛の素となります。アミノ酸が複数結合することでケラチンが形成されます。その複数のアミノ酸の内、体内で合成することができないメチオニンなどがあるため、食事で補う必要があります。

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防とビタミンの関係を解説

ビタミンA・B・C・E

ビタミンAは、細胞分裂を正しい状態に戻します。ビタミンB群は、体内に摂取したタンパク質を分解します。ビタミンCは、コラーゲンをつくりだすことをサポートします。ビタミンEは、毛細血管を拡張する作用があるとされています。

水戸市のAGAクリニックが薄毛予防と亜鉛の関係を解説

亜鉛

髪の毛の素になるタンパク質のケラチンが十分に合成されるためには、亜鉛が必要です。このため、亜鉛の摂取は重要です。亜鉛は魚介、海藻、肉、牡蠣やうなぎなどに含まれます。

こういった栄養素は、魚介類や乳製品、野菜に多く含まれておりますので、食生活でバランス良く採り入れていくことを心がけましょう。サプリメントでの摂取は、多様なアミノ酸の摂取が難しい可能性があるため、可能な限り食生活の中で補っていきましょう。